スポーツ障害

Rehabilitation.png
スポーツ障害

当院では、消炎鎮痛を目的とした物理療法に加えて、機能回復を目的に理学療法士による運動療法を行っています。また、専門のアスレティックトレーナー(ATC※1)による運動指導及びコンディショニングを行っています。ここでは、日常生活での腰痛や膝関節痛、スポーツ活動中における肩や肘の痛みなどに対して、医師の正しい診断を基に、痛みの原因やそのメカニズムを分析し、姿勢、柔軟性運動動作を評価します。そして、ストレッチや筋力強化メニューを中心とした個人プログラムを作成して、スポーツ復帰に向けてのサポートをいたします。また、スポーツ復帰後の予防にも力を入れており、定期的なチェックやテーピングおよびセルフケアの指導などをしております。

 

プロのスポーツ選手や社会人選手、部活動に励む中学生・高校生、一般のスポーツ愛好家まで、日常生活において、スポーツ活動が生活の一部になっている患者さん全てが対象となります。また、一般の方々の腰痛や膝関節痛などの慢性的整形外科疾患に対しても、積極的に運動(トレーニング)を取り入れて予防・改善を図っています。

 

※1 : ATCとは
Athletic Trainer,Certifiedの略で、この略称はアメリカではNATAの公認アスレティックトレーナーにのみその使用が認められています。ATC は、1990年アメリカ医学会(American Medical Association;AMA)によって準医療従事者として認定されました。ATCは、スポーツ選手の急性および慢性の外傷・障害に対する処置やその他の健康管理分野において、高度な教育を受けており、かつ十分な経験を有しています。

Rehabilitation.png
スポーツ障害別
トレーニング
s01.jpg

【バスケットボール】

s03.jpg

【バスケットボール】

s02.jpg

【野球】

s04.jpg

【野球】