m01.jpg

物理療法

Rehabilitation.png
物理療法

医師の指示のもとに、整形外科疾患による痛みを緩和させることを目的として物理療法を行っています。
干渉波や低周波などの電気治療機器、腰部や頸部の介達牽引、温熱治療機器などを使用しています。

Rehabilitation.png
介達牽引
p01.jpg

【頚部牽引 】

p02.jpg

【腰部牽引 】

腰部や頸部を適度に引っ張ったり緩めたりすることで、
脊椎周囲の軟部組織(筋肉、靱帯など)の循環改善やリラクゼーションの効果があるとされています。

p03.jpg

温熱(極超短波(マイクロウェーブ))

電磁波による熱を利用して患部を温めます。
痛みを和らげる、循環改善などの効果があるとされています。

【マイクロ波治療器 】

p04.jpg

温熱(極超短波)

温水を使うことで循環を促し、痛みを和らげ、
軟部組織の伸張性を高めます。固くなった関節を動かすことで、
可動域の改善を図ります。

【温浴療法 】

Rehabilitation.png
電気治療

痛みのある部位に適度な電気刺激を与えることで、鎮痛効果が期待出来ます。

p06.jpg

【 低周波治療器 】

p05.jpg